課程紹介

知能情報メディア課程

好奇心を実践的に伸ばし、
知能情報時代の新しいメディア技術を駆使・創造できる人材を育てます

知能情報メディア課程

NEWS一覧を見る

一覧を見る

こんな人にピッタリ! こんな人にピッタリ!

  • 新しい情報技術を用いデータ処理技術ができる能力やマルチメディア情報のハンドリング・応用を実現できる能力を身につけたい人
  • プログラミング、OS、基本ソフトウェアの開発・設計から応用ソフトウェアの設計・実装までできる能力を身につけたい人
  • 新しい情報技術でソフトコンピューティングやデータ分析等のデータハンドリングができる能力や知的ソフトウェアの設計・実装ができる能力を身につけたい人

課程の特徴と目的

情報科学を基盤とした社会的・文化的な視野を広く持ち、多様な学問領域についての「基礎教育」と情報処理技術に関する実践的な「専門教育」との融合を特徴とします。

また、AI化が進む近年、多様化・高度化するメディア時代に、人や環境にやさしい情報社会の実現に貢献できる人材を育成、そして現在の産業や技術に柔軟に対応できるだけでなく、将来に向けた情報産業の創造・発展に寄与できる人材を育成することを目的とします。

学びのポイント

情報分野の専門技術者や研究者のみならず、情報技術を必要とするビジネス領域で活躍できる人材の育成をめざしたカリキュラムを構成しています。

4年間の学び

1年生
情報に関する基礎科目を履修することで、情報を学ぶ学生が有すべき基本的教養を身につける。
2年生
1年次に修得した知識をもとに応用的な科目を学び基盤を形成する。また、演習科目を通じて、各種メディアの基礎知識の理解を確実なものとするとともに、体験的に情報システムの理解を深める。
3年生
2年次までの学んだことをもとに、実践的なプログラミング及び知能・メディアに関する高度な知識や技術を習得する。そして先端性の高い高度な専門的知識を修得し、自身の専門分野を展開させるためのスキルと知識を修得すると共に4年次の「特別研究」に備える。
4年生
「特別研究」に取り組み、これまでの講義や演習等で修得した論理的思考力やスキルや知識をもとに、卒業論文を作成する。

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(情報)
  • 博物館学芸員資格
  • 本願寺派教師資格

関連プログラム

プログラム一覧へ

担当教員

課程一覧へ戻る

  1. HOME
  2. まなべるコト
  3. 課程紹介
  4. 知能情報メディア課程