「透明な水」と「濁った水」、健康にいいのはどっち?

Megumi Kasuno

担当課程

応用化学課程

担当プログラム

環境共生

専門分野

電気分析化学

専門領域・
研究テーマについて

Q

専門分野について教えてください。

「透明な水」は一見安全なように見えますが、実際には何が溶けているかは分かりません。 一方、「濁っている水」は一見健康に良くなさそうな印象を与えますが、体にとても良い成分が溶けていることもあります。 溶液中に溶けている成分が何であるか、どれくらいの量が溶けているのかを調べることは、とても重要です。
 当研究室では、溶液中の成分の分析を電気化学的手法を用いて行っています。 電気化学反応を測定・解析するための装置(電解セル)を作製し、固液界面あるいは液液界面の電荷移動反応を解析します。 信頼性のある分析結果を迅速かつ高精度に得るためにはどうすればよいか、を日々考え、電解セルを設計・作製し、その性能を評価しています。

Q

専門分野の面白さは、どんなところですか?

電気化学とは、電荷(イオンや電子)が関与する反応を扱う分野であり、有機化学・無機化学・物理化学・生化学・分析化学など、様々な分野と密接に関係しています。当研究室では、主に電気化学反応を利用した新しい分析法の開発を行っていますが、得られた結果が実は他の分野とつながっていた、という事が多々あります。思わぬ結果が得られたとき、その原因を追究するのがとても楽しいです。

  • 糟野 潤先生の

    好きな作品

    ハラハラ・ドキドキする展開で話が進む小説(特にサスペンス)をよく読んでました。この次はどうなるのかな?と考えるのが楽しいです。「ダーウィンが来た」もよく見ます。

  • 糟野 潤先生の

    出身地

    京都市です。

  • 糟野 潤先生の

    大切なもの

    家族です。

  • 糟野 潤先生の

    休日

    家族でお出かけしたり、家でゆっくりしたりしています。

  • 糟野 潤先生の

    生活

    学生時代は夜型、子供が生まれてからは朝型です。

  • 糟野 潤先生の

    研究者以外の道

    理系には進んでいたと思います。企業で研究開発に取り組んでいたかもしれません。

  • 糟野 潤先生の

    今後の目標

    研究室内のみならず社会で使用できる実用的な電気分析用セルを作ること。

糟野 潤先生の

  • 好きな作品

    ハラハラ・ドキドキする展開で話が進む小説(特にサスペンス)をよく読んでました。この次はどうなるのかな?と考えるのが楽しいです。「ダーウィンが来た」もよく見ます。

  • 出身地

    京都市です。

  • 大切なもの

    家族です。

  • 休日

    家族でお出かけしたり、家でゆっくりしたりしています。

  • 生活

    学生時代は夜型、子供が生まれてからは朝型です。

  • 研究者以外の道

    理系には進んでいたと思います。企業で研究開発に取り組んでいたかもしれません。

  • 今後の目標

    研究室内のみならず社会で使用できる実用的な電気分析用セルを作ること。

受験生に向けて

Q

受験勉強のコツがあればお教えください。

ここの大学に行きたい、この学科で○○の研究をしたい、など、具体的な目標を持ちましょう。自分のレベルはこのあたり、と決めつけてしまうと伸びしろが狭くなってしまいます。
また、何事も体が資本です。どんなにやる気があっても、体調が悪ければ効率もおちます。日々の生活にメリハリをつけて、一定時間集中して取り組む習慣を身につけて下さい。集中できる時間は、将来社会に出ても役立ちます。

Q

もし先生が先端理工学部の学生なら、どんなプログラムを組み合わせますか?

高機能新素材、環境インフラ、データサイエンスです。化学ベースで環境問題を調査し、その調査結果を集計して現状を解析することに興味があります。

受験生への
メッセージ

大学で自分の好きな分野を思いっきり学び、たくさん実験しましょう。

  1. HOME
  2. なかのヒト
  3. 教員に聞きました
  4. 糟野 潤