快適な日常生活に不可欠なインフラである上水道・下水道を知る

Masahiro Asano

専門分野

上水道、下水道

専門領域・
研究テーマについて

Q

専門分野について教えてください。

上水道と下水道は、人々が日々快適な日常生活を送る上で必要不可欠なインフラ(インフラストラクチャーの略で、生活の基盤となる施設のこと)なのですが、これらの施設の多くはわが国の高度経済成長期(今から5,60年前)に作られているため、現在、老朽化や耐震化等といった様々な問題を抱えています。

Q

専門分野の面白さは、どんなところですか?

高校生の皆さんが意外と知っている様で知らない、上水道(飲み水を作る)と下水道(汚れた水をきれいにする)の実際について、これに関わる授業等を通じて学生の皆さんに色々と話が出来ればと考えています。

  • 浅野 昌弘先生の

    趣味・特技

    英会話と海外旅行(ここ数年、ご無沙汰にしていますが...)

  • 浅野 昌弘先生の

    出身地

    約55年ぶりに万博が開催されるところです。

  • 浅野 昌弘先生の

    大切なもの

    「何事に対しても、感謝の気持ちを忘れないこと」でしょうか?

  • 浅野 昌弘先生の

    休日

    目下、2児(長男、長女)の育児に翻弄されています(苦笑)

  • 浅野 昌弘先生の

    生活

    どちらかと言えば、朝型です。

  • 浅野 昌弘先生の

    研究者以外の道

    医療関係の仕事に就きたかったです。

  • 浅野 昌弘先生の

    今後の目標

    自らの子や孫の世代に今よりも良い自然環境を残すことが出来る様、これに関わる様々なことに今後もチャレンジをしたいと考えています。

浅野 昌弘先生の

  • 趣味・特技

    英会話と海外旅行(ここ数年、ご無沙汰にしていますが...)

  • 出身地

    約55年ぶりに万博が開催されるところです。

  • 大切なもの

    「何事に対しても、感謝の気持ちを忘れないこと」でしょうか?

  • 休日

    目下、2児(長男、長女)の育児に翻弄されています(苦笑)

  • 生活

    どちらかと言えば、朝型です。

  • 研究者以外の道

    医療関係の仕事に就きたかったです。

  • 今後の目標

    自らの子や孫の世代に今よりも良い自然環境を残すことが出来る様、これに関わる様々なことに今後もチャレンジをしたいと考えています。

受験生への
メッセージ

時には息抜きをしながら、この受験の時期を無事乗り切ってください!

  1. HOME
  2. なかのヒト
  3. 教員に聞きました
  4. 浅野 昌弘