目に見えない世界を可視化するナノテクノロジー研究

Shin-ichi Yamamoto

担当プログラム

電子デバイス・マテリアル

専門分野

ナノテクノロジー、電子物性工学、薄膜工学

専門領域・
研究テーマについて

Q

専門分野について教えてください。

ナノメートルの世界を追いかけながら、将来の分子エレクトロニクスデバイスの創成を目指した基礎研究を行っています。また、ナノスケール素子・無機・有機電子材料による低コストで超高性能なフレキシブル素子の研究・開発に携わっています。

Q

専門分野の面白さは、どんなところですか?

原子や分子のように人の目には見えない世界のものを可視化することに喜びを感じています。例えば、SPM(走査型プローブ顕微鏡)装置を使ったナノテクノロジー分野の基盤研究に取り組んでいますが、普通の顕微鏡では絶対に見えないモノを観察できた時の気分は最高です。原子・分子を制する者は産業を制すると考えるとわくわくします。
専門分野を通して、研究室から歴史上に名を残す技術者を輩出したいと常々思っています。皆さんに期待しています。

  • 山本 伸一先生の

    好きな作品

    映画や舞台・ミュージカルをよく見ます。劇団四季の「四季の会」会員でもあります。

  • 山本 伸一先生の

    趣味・特技

    スポーツ全般。なかでも野球が一番。ストレス解消は甲子園での応援です。やめられません。

  • 山本 伸一先生の

    出身地

    港町神戸。町は海あり山ありで過ごしやすいです。昔はウィンドゥ・サーフィンしてました。いつか琵琶湖でセイリングしてみたいです。

  • 山本 伸一先生の

    大切なもの

    健康、家族、研究室の学生さん。

  • 山本 伸一先生の

    休日

    暇さえあれば、ジムに行きます。

  • 山本 伸一先生の

    生活

    朝型です。早起きは3億の得と思っています。

  • 山本 伸一先生の

    研究者以外の道

    職人や医師の仕事に興味があります(やっぱり理系がいいです)。

  • 山本 伸一先生の

    今後の目標

    生涯現役の研究者

山本 伸一先生の

  • 好きな作品

    映画や舞台・ミュージカルをよく見ます。劇団四季の「四季の会」会員でもあります。

  • 趣味・特技

    スポーツ全般。なかでも野球が一番。ストレス解消は甲子園での応援です。やめられません。

  • 出身地

    港町神戸。町は海あり山ありで過ごしやすいです。昔はウィンドゥ・サーフィンしてました。いつか琵琶湖でセイリングしてみたいです。

  • 大切なもの

    健康、家族、研究室の学生さん。

  • 休日

    暇さえあれば、ジムに行きます。

  • 生活

    朝型です。早起きは3億の得と思っています。

  • 研究者以外の道

    職人や医師の仕事に興味があります(やっぱり理系がいいです)。

  • 今後の目標

    生涯現役の研究者

受験生に向けて

Q

受験勉強のコツがあればお教えください。

常にコツコツと努力することしかないです。仕事も同じです。

Q

もし先生が先端理工学部の学生なら、どんなプログラムを組み合わせますか?

電子工学と機械工学と情報分野を組み合わせます。わくわくしますね。

受験生への
メッセージ

Believe in yourself!
為せば成る為さねば成らぬ何事も!

  1. HOME
  2. なかのヒト
  3. 教員に聞きました
  4. 山本 伸一