革新的な新素材を創造し、世界のエネルギーを大切に使う社会へ

Manshi Oyanagi

担当課程

応用化学課程

担当プログラム

高機能新素材

専門分野

無機合成化学

専門領域・
研究テーマについて

Q

専門分野について教えてください。

将来の日本のエネルギー事情は必ずしも明るくありません。現在、日本のエネルギー自給率は10%にも満たなく、そのほとんどは海外に依存しています。これからの産業は、世界的に見てもエネルギー利用の高効率化や省エネルギー化、新しいエネルギー変換技術などエネルギーを取り巻く数多くの解決しなければならない課題に関連する分野が大きく発展しなければなりません。国内だけでなくグローバルに革新的な新素材を創造することにより、世界のエネルギーを大切に使う社会が求められています。

Q

専門分野の面白さは、どんなところですか?

無機材料化学の分野で、エネルギー利用の高効率化や省エネルギー化、新しいエネルギー変換技術などの例をいくつか挙げましょう。まず、航空機による化石燃料の消費は、世界的な課題になっています。航空機エンジン部品をスペースシャトルや大陸横間機の大気圏突入時にも耐えられるの耐熱セラミックスに代えることによりエネルギーの高効率化が実現できます。また、無機化合物の高機能触媒を開発することにより有機・無機反応に必要なエネルギーをかなり抑えながら有用な素材を創製することができます。一方、核融合や太陽エネルギーなどを用い水素を製造し、クリーンなエネルギーに変換することにより、地球にやさしい社会の実現に貢献します。

  • 大柳 満之先生の

    好きな作品

    人を感動させ、人にしかできない不連続に展開した事象の発見やモノの発見、また気持ちを前向きにさせモチベーションの向上などに繋がるクリエイティブな小説、伝記、映画などに興味があります。

  • 大柳 満之先生の

    趣味・特技

    趣味は、これまでは研究でした。今は、幸せを分かち合い、幸せになることです。理系の教育研究者でありながら、浄土真宗の僧侶でもあります。これは普通の理系の先生とは少し異なる特技でしょうか。

  • 大柳 満之先生の

    出身地

    出身は、滋賀県の長浜市です。

  • 大柳 満之先生の

    大切なもの

    大切なものは、家族です。

  • 大柳 満之先生の

    休日

    大学で先生をやっていないときは、浄土真宗の僧侶です。休日は、基本的にありません。しかし、ここ10年、誰にも悟られないようにサボることを研究しています。研究室でも家でも、ボーットすることがあります。これは、なかなかの楽しみです。

  • 大柳 満之先生の

    生活

    夜型ですが、朝型にもなれます。夜型のメリットは、時間を忘れて仕事ができます。朝型のメリット、頭がスッキリしていて効率よく仕事ができます。しかし、ある一定の時間が来ると家を出て大学に行かなければなりません。

  • 大柳 満之先生の

    研究者以外の道

    小さい頃は、パイロットになる夢を持っていました。そうですね、もしも研究者の道を歩んでなかったら、・・・。弁護士にも大変興味があります。世界を駆け抜ける商社マンにも興味があります。常に夢を持つことが大事ですね。

  • 大柳 満之先生の

    今後の目標

    世界が注目する研究を発表し、またできるだけ多くの「博士」を世に送ることです。現在、卒業生のうち、アメリカの大学で1名、日本の大学で4名が活躍しています。現在、7人目の博士課程の学生が在学しています。退職するまでに10名することが目標です。

大柳 満之先生の

  • 好きな作品

    人を感動させ、人にしかできない不連続に展開した事象の発見やモノの発見、また気持ちを前向きにさせモチベーションの向上などに繋がるクリエイティブな小説、伝記、映画などに興味があります。

  • 趣味・特技

    趣味は、これまでは研究でした。今は、幸せを分かち合い、幸せになることです。理系の教育研究者でありながら、浄土真宗の僧侶でもあります。これは普通の理系の先生とは少し異なる特技でしょうか。

  • 出身地

    出身は、滋賀県の長浜市です。

  • 大切なもの

    大切なものは、家族です。

  • 休日

    大学で先生をやっていないときは、浄土真宗の僧侶です。休日は、基本的にありません。しかし、ここ10年、誰にも悟られないようにサボることを研究しています。研究室でも家でも、ボーットすることがあります。これは、なかなかの楽しみです。

  • 生活

    夜型ですが、朝型にもなれます。夜型のメリットは、時間を忘れて仕事ができます。朝型のメリット、頭がスッキリしていて効率よく仕事ができます。しかし、ある一定の時間が来ると家を出て大学に行かなければなりません。

  • 研究者以外の道

    小さい頃は、パイロットになる夢を持っていました。そうですね、もしも研究者の道を歩んでなかったら、・・・。弁護士にも大変興味があります。世界を駆け抜ける商社マンにも興味があります。常に夢を持つことが大事ですね。

  • 今後の目標

    世界が注目する研究を発表し、またできるだけ多くの「博士」を世に送ることです。現在、卒業生のうち、アメリカの大学で1名、日本の大学で4名が活躍しています。現在、7人目の博士課程の学生が在学しています。退職するまでに10名することが目標です。

受験生に向けて

Q

受験勉強のコツがあればお教えください。

受験勉強に王道はありません。一生懸命勉強してください。数多くの問題を解き熟すことも重要ではないでしょうか。

Q

もし先生が先端理工学部の学生なら、どんなプログラムを組み合わせますか?

折角、学科が撤廃され6つの教育課程を25のプログラムができたので、課程を横断してプログラムを履修して頂きたいと思います。応用化学系の学生でも、化学や物理を含む応用化学の基幹学問分野だけでなく、AIやIOTが進む時代を見据えて統計学、情報学、システム学なども積極的に勉強してください。将来は、時の流れで学部横断的なプログラムもできるはずです。幅広い教養に加えて、専門性のあるビジネス系学問なども学生時代に垣間見ることができれば財産となるでしょう。これら勉強のフィールドは、決して大学や教室にあるだけではありません。先端理工学部R-gap期間を利用して、学生時代に国内外の企業や他大学に身を置き、幅広い経験から人生にキラリと光るものを見つけて頂きたいと思います。

受験生への
メッセージ

夢を持ち、ゴールを描きながら人生を楽しみましょう。
来春、龍谷大学先端理工学部でお会いしましょう。

  1. HOME
  2. なかのヒト
  3. 教員に聞きました
  4. 大柳 満之