誰もが「未知の発見」にたどりつく可能性がある

Masakazu Mori

担当プログラム

先進エコマテリアル

専門分野

材料工学・材料プロセス学

専門領域・
研究テーマについて

Q

専門分野について教えてください。

種々の機械構造物や輸送機器から、スマートフォンに使われる電子機器・部品に至るまで、世の中のあらゆるモノにはさまざまな材料が使われています。産業機器の軽量化や信頼性向上、電子機器の特性向上には、使用される材料の研究開発が欠かせません。材料工学・材料プロセス学は、産業技術の発展の根幹を支える大切な研究開発テーマといえます。

Q

この分野の面白さは、どんなところですか?

私が材料の研究にのめり込んでいったのは、大学院1年生のときの実験でとても良い結果を得られたことがきっかけです。材料の研究では、誰もが「未知の発見」にたどりつくチャンスがあり、それを叶えたときの喜びは何物にも代えがたいものがあります。

また、材料を作るための装置(プロセス)を構築する際には、機械工学だけでなく、さまざまな専門知識を導入して他分野の方と交流する必要があります。その過程で、これまで思いもよらなかった発見をできることも、とても魅力的な点だと思っています。

  • 森 正和先生の

    好きな作品

    「銀河英雄伝説」:大学生の頃、JR茨木駅近くの本屋で立ち読みしたのがきっかけです。10冊一気に購入するほど、衝撃的に面白かった。二つの国家の異なる正義、過去の歴史から学ぶべきことなど、さまざまな影響を受けました。

  • 森 正和先生の

    趣味・特技

    いろいろな本を読むこと。昔のマンガを読むこと。家の中のDIY。料理。

  • 森 正和先生の

    出身地

    大阪府茨木市。

  • 森 正和先生の

    大切なもの

    妻と子供。

  • 森 正和先生の

    休日

    できるだけ多くの時間を家族と過ごす。家の中のDIY。料理を作る。

  • 森 正和先生の

    生活

    朝型です。朝の方が集中して仕事をすることができます。

  • 森 正和先生の

    研究者以外の道

    本当は、歴史学者や歴史の先生になりたかったです。

  • 森 正和先生の

    今後の目標

    新入生が有意義に過ごせるよう「大学で学ぶ意義・意味」や環境を提供すること。ともに研究する4年生や修士の学生には、成長につながる援助をすること。1日1日を大切にすること。工学に寄与できるような研究・発見をすること。

森 正和先生の

  • 好きな作品

    「銀河英雄伝説」:大学生の頃、JR茨木駅近くの本屋で立ち読みしたのがきっかけです。10冊一気に購入するほど、衝撃的に面白かった。二つの国家の異なる正義、過去の歴史から学ぶべきことなど、さまざまな影響を受けました。

  • 趣味・特技

    いろいろな本を読むこと。昔のマンガを読むこと。家の中のDIY。料理。

  • 出身地

    大阪府茨木市。

  • 大切なもの

    妻と子供。

  • 休日

    できるだけ多くの時間を家族と過ごす。家の中のDIY。料理を作る。

  • 生活

    朝型です。朝の方が集中して仕事をすることができます。

  • 研究者以外の道

    本当は、歴史学者や歴史の先生になりたかったです。

  • 今後の目標

    新入生が有意義に過ごせるよう「大学で学ぶ意義・意味」や環境を提供すること。ともに研究する4年生や修士の学生には、成長につながる援助をすること。1日1日を大切にすること。工学に寄与できるような研究・発見をすること。

受験生に向けて

Q

受験勉強のコツを教えてください。

教科書の内容をきっちり理解して、自分でたくさん問題を解く。正解できなかったときは、その理由を自分で理解する。

Q

もし先生が先端理工学部の学生なら、どんなプログラムを組み合わせますか?

「先進機械工学」で機械工学のベースを学び、大学生のときに憧れていた「航空宇宙」のプログラムを組み合わせると思います。もちろん、可能なら「先進エコマテリアル」も。

受験生への
メッセージ

やってみたいこと・やりたいことを明確にすればするほど、大学入学後の生活が明確になると思います。それをモチベーションとして、毎日の体調管理に気をつけて、勉強をがんばってください。今の勉強は、受験のためのみならず、今後の大学生活や仕事で必ず役に立つものです。

  1. HOME
  2. なかのヒト
  3. 教員に聞きました
  4. 森 正和