飛行機、ロケットや衛星などを対象とした総合工学に取り組む

Yuya Oshio

担当プログラム

航空宇宙

専門分野

航空宇宙工学

専門領域・
研究テーマについて

Q

専門分野について教えてください。

航空宇宙工学は総合工学と呼ばれます。飛行機、ロケットや衛星などが対象とはなりますが、材料から流体の技術まで様々な技術を組み合わせた正に総合工学といえる分野です。航空では電気飛行機、宇宙では全電化衛星など新しい方式の装置が提案され国主導や企業・大学などが、日々進歩のために活発な研究開発が行われています。

Q

専門分野の面白さは、どんなところですか?

あの先はどうなっているのだろう。と思ったことはないでしょうか。山の先でも海の先でも構いません。それを拡大させ、月は、火星はどうなっているのかと疑問に思い、遥か遠くのそれを明らかにしたいというのが根底にあります。また、真空やプラズマ環境などの身近ではない極限環境を考えなければいけない一方で、天気予報、通信やGPSなど宇宙を利用したものは身近にもたくさんあります。このような遠くでもあり身近でもあるような分野というのは他にはない面白さではないでしょうか。

  • 大塩 裕哉先生の

    好きな作品

    宇宙に興味を持つきっかけになったのは、宮沢賢治の銀河鉄道の夜です。

  • 大塩 裕哉先生の

    趣味・特技

    写真撮影

  • 大塩 裕哉先生の

    出身地

    神奈川

  • 大塩 裕哉先生の

    休日

    カメラを持ってぶらぶらしています。

  • 大塩 裕哉先生の

    研究者以外の道

    航空宇宙関連の技術者でしょうか

  • 大塩 裕哉先生の

    今後の目標

    自分で作ったものを深宇宙探査機に搭載する

大塩 裕哉先生の

  • 好きな作品

    宇宙に興味を持つきっかけになったのは、宮沢賢治の銀河鉄道の夜です。

  • 趣味・特技

    写真撮影

  • 出身地

    神奈川

  • 休日

    カメラを持ってぶらぶらしています。

  • 研究者以外の道

    航空宇宙関連の技術者でしょうか

  • 今後の目標

    自分で作ったものを深宇宙探査機に搭載する

受験生に向けて

Q

もし先生が先端理工学部の学生なら、どんなプログラムを組み合わせますか?

「高機能新素材」による宇宙向けの新素材と「先端ロボティクス」による宇宙空間でも使えるロボットを使った新しい宇宙機の開発に向けた勉強をしたいです。

受験生への
メッセージ

興味を持った分野があれば、一度深く調べてみるのもいいかもしれません。今やっている勉強もやりたいことに繋がっていると気づくとモチベーションも上がると思います。

  1. HOME
  2. なかのヒト
  3. 教員に聞きました
  4. 大塩 裕哉