光る分子をデザインし、自らの手で合成しながら研究する

Yohei Hattori

担当課程

応用化学課程

担当プログラム

高機能新素材

専門分野

光機能分子

専門領域・
研究テーマについて

Q

専門分野について教えてください。

光機能分子の開発を専門に研究をしています。物質の色は物質がどのような波長の光を吸収するのかで決まります。例えば紫色の光を吸えば補色の黄色に、緑色の光を吸えば補色の赤色に見えます。特に光を強く吸収する分子はインクや染料・塗料等に使われています。

それから、吸った光のエネルギーがどこにいくのかというのも重要な問題です。吸収された光が別の波長になって放出されることがあり、大まかにいうと光り続ける時間が短いか長いかによって蛍光あるいはリン光と呼ばれています。紫外線を吸って蛍光やリン光を発する分子は、蛍光塗料や蓄光材料などの身近な用途にも使われています。さらにもう少し応用すると、このような分子は電気を吸って光る分子になります。最近ホットな話題の一つが有機EL材料の開発で、電気を高効率で光に変換する実用性に優れた分子ができれば、スマホやパソコンのディスプレイの主流の材料になるかもしれません。

光を吸った分子が反応をすることもあります。例えば光によってより小さな分子に分解したり、あるいは重合して大きな分子になったりといった反応があります。私が最近扱っているジアリールエテンという分子は光を吸うと組成を変えないまま反応し、しかも逆向きの反応もできるという特殊な分子です。開環体と呼ばれる形態のとき紫外光を吸収すると閉環体になる反応、逆に閉環体と呼ばれる形態のとき可視光を吸収すると開環体になる反応が起こります。ジアリールエテン分子を材料にして、1分子単位でON OFFを切り替えられる分子スイッチや分子メモリーが考案されました。光で形状を変えたり、モノを動かしたり、といった応用ができることも報告されています。ほかにもまだ知られていない様々な光機能を引き出せる可能性があり、ますます注目の集まる分子です。

Q

専門分野の面白さは、どんなところですか?

昔の人はほとんど手探りで分子を合成して合成したものの性質を調べていたと思いますが、最近ではいくつかの分子の性質をあらかじめ予測できるようになってきました。例えば、分子が吸う光の波長、電気的な性質、蛍光やリン光を発しやすそうか、どんな反応が起きそうかといったことです。
どういうことが起きるのか考えながら自分でオリジナルの分子をデザインできるのは嬉しいです。実際作ろうとしてみると思ったように合成が上手くいかない、あるいはできたものの性質が思っていたのと少し違うといったこともよくあるのですが。
それから蛍光やリン光を発する分子や、光で形を変える分子は見た目にも綺麗で、こういった分子を自分の手で合成するのは楽しいことだと思います。

  • 服部 陽平先生の

    好きな作品

    好きなアニメは「魔法少女☆まどかマギカ」「天元突破グレンラガン」「アイドルマスターシンデレラガールズ」です。まどか、ほむら、シモン、ロシウ、卯月、未央のような迷いながらも成長していく主人公が好きです。

  • 服部 陽平先生の

    趣味・特技

    東京にいた頃はインドア派で休日は漫画を読んだりアニメを見たりゲームをしたりして過ごすことが多かったのですが、地方での学会やドイツ留学の影響で一人旅(主に鉄道・たまに飛行機)をするのが好きになりました。

  • 服部 陽平先生の

    出身地

    名古屋生まれの東京育ち。2年だけですがドイツのヴュルツブルクでポスドクをしていました。日本での知名度は低いですが、世界遺産の司教館もあり、歴史と風情のある町です。ローテンブルクやニュルンベルクと合わせて是非観光に行ってみてください。

  • 服部 陽平先生の

    大切なもの

    論文化前の合成サンプルとかでしょうか。あとはこれまでに集めた実験データです。

  • 服部 陽平先生の

    休日

    連休があれば旅行に行きたいです。日帰りでも滋賀も京都も歴史のある土地だと思うのでいろいろ行きたいです。

  • 服部 陽平先生の

    生活

    夜型です。朝型のほうがいいとは思うのですが。夜も朝も遅くなりがちです。

  • 服部 陽平先生の

    研究者以外の道

    人類の最先端を進んでいけるような仕事をしたいと思っているので、情報系の技術に憧れることがあります。もっと文化的なものにも興味があります。ただ適性の問題もあるので化学の仕事が天職なのかもしれません。

  • 服部 陽平先生の

    今後の目標

    面白い光機能分子を発見して、論文で発表することです。すごく面白い分子を見つけて印象深い研究をするか、あるいは数をこなしてたくさん論文発表をできればよいと思います。

服部 陽平先生の

  • 好きな作品

    好きなアニメは「魔法少女☆まどかマギカ」「天元突破グレンラガン」「アイドルマスターシンデレラガールズ」です。まどか、ほむら、シモン、ロシウ、卯月、未央のような迷いながらも成長していく主人公が好きです。

  • 趣味・特技

    東京にいた頃はインドア派で休日は漫画を読んだりアニメを見たりゲームをしたりして過ごすことが多かったのですが、地方での学会やドイツ留学の影響で一人旅(主に鉄道・たまに飛行機)をするのが好きになりました。

  • 出身地

    名古屋生まれの東京育ち。2年だけですがドイツのヴュルツブルクでポスドクをしていました。日本での知名度は低いですが、世界遺産の司教館もあり、歴史と風情のある町です。ローテンブルクやニュルンベルクと合わせて是非観光に行ってみてください。

  • 大切なもの

    論文化前の合成サンプルとかでしょうか。あとはこれまでに集めた実験データです。

  • 休日

    連休があれば旅行に行きたいです。日帰りでも滋賀も京都も歴史のある土地だと思うのでいろいろ行きたいです。

  • 生活

    夜型です。朝型のほうがいいとは思うのですが。夜も朝も遅くなりがちです。

  • 研究者以外の道

    人類の最先端を進んでいけるような仕事をしたいと思っているので、情報系の技術に憧れることがあります。もっと文化的なものにも興味があります。ただ適性の問題もあるので化学の仕事が天職なのかもしれません。

  • 今後の目標

    面白い光機能分子を発見して、論文で発表することです。すごく面白い分子を見つけて印象深い研究をするか、あるいは数をこなしてたくさん論文発表をできればよいと思います。

受験生に向けて

Q

受験勉強のコツがあればお教えください。

毎日、目標(各科目のページ数等)を決めてそれを必ず終わらせるようにするのがよいと思います。英単語は毎日一定数覚えて翌日自分でテストするとよいと思います。

Q

もし先生が先端理工学部の学生なら、どんなプログラムを組み合わせますか?

まず自分の進みたい道に直結するプログラムを選んで、その後はシラバスを熟読して面白そうな授業があるプログラムを取ります。

受験生への
メッセージ

大学では人に言われたことだけでなく、自分から学ぶことが特に重要になるので、自分の興味を何かに向けたら、それを学ぶ方法から調べたり人に相談したりして、自分で勉強していくことが大切だと思います。

  1. HOME
  2. なかのヒト
  3. 教員に聞きました
  4. 服部 陽平